ㅤㅤ

株式会社ラッキーソフト

アクセス

採用情報

Languages

車いすシミュレータ

車いす利用者目線・介助者目線。二つの目線体験で「知る」事から始まる「心のバリアフリー」と「ユニバーサル社会」の実現。

 

車いす体験シミュレータ

どのような場所に危険があり、どのような場面で恐怖を感じるかを「利用者」と「介助者」二つの目線から体験し学びます。コース・時間・視点などの設定を変えることができるため、見え方や周囲の状況の変化での危険の違いも体験できます。

また、同時に白内障の体験も可能であり体験を通して、どのようなサポートが出来るかを考えます。

活用場所は多数

車いす体験シミュレータ

病院・介護施設、学校や教育施設、各種企業など活用場所は多数。車いすへの理解や車いすを使用しての通行に伴う危険などを体験し、心のバリアフリーと共に地域のバリアフリー化を考えるツールとしても活用可能です。

生活道路の介助学習に日常生活道路を介助する疑似体験ができ、車いす目線や危険時の声かけ等の学生向けインクルーシブ教育に、また社員向け研修で体験することで障害のある社員様やお客様への気遣いや環境づくりの教育に役立ちます。

先端技術を取り入れたVR/CG教育

車いす体験シミュレータ

車いすの操作方法や道路上の介助方法等の体験学習ではなく、交通安全・危険予測学習を目的としているため、様々な危険が潜む歩道・交差点の横断等、生活道路を介助者目線・車いす目線で体験することで外出を想定したシミュレーション学習としてご活用いただけます。

リプレイ機能付き

体験後、自身のリプレイ映像を見ることで、声かけのタイミング・横断歩道での安全な立ち位置等の振り返り学習の実施ができます。視点切替で、上空の俯瞰からの映像も見ることができ、車いすと障害物の位置関係が確認することができます。

時間帯・視点が選べる

時間帯により周囲の見え方はかわります。その変化を体験し時間帯による危険の違いを認識します。また、視点を変えることで見え方の違いによる恐怖や気づきを学ぶことができます。

見え方の違いによる危険を擬似体験

白内障・近視・遠視体験や、視野狭窄の体験を簡易的に検証することにより、見え方の違いから危険を体験することができます。5段階の設定ができ、各段階の見え方の違いを体験でき、サポート方法などを考えるツールとしても活用できます。

事業内容

PAGETOP

お問い合わせ

0463-23-7830
受付時間平日9:30~18:00

WEBからの
お問い合わせはこちら