ㅤㅤ

株式会社ラッキーソフト

アクセス

採用情報

Languages

製品仕様紹介

「交通安全危険予測シミュレータ シリーズ」は交通安全教室や講習など様々なシーンに対応した幅広いシステムを提供しています。

マルチモニタを共通化することにより、各システムに必要な追加機材をセッティングするだけで各種シミュレータが使用できます。

システムの切り替えはタブレット操作で簡単に行えます。また、操作パネルから通信で送られた情報によりリアルタイムで環境設定を変更することができます。

1台で「歩行・自転車・自動車」を網羅することができる新しいスタイルのシステムです。

機器紹介

【マルチモニタ】

マルチモニタ

臨場感ある、リアルで美しい映像が、目の前に広がります。

迫力ある画面で体験者も臨場感を味わえます。

設置も簡単で1人から少人数で準備ができます。

 

大画面版

48インチ程度の大画面で迫力あるモニタサイズ

48インチ程度の大画面で迫力あるモニタサイズ

小画面版

32インチ程度の持ち運びしやすいモニタサイズ

32インチ程度の持ち運びしやすいモニタサイズ

【ヘッドマウントディスプレイ(HMD)】

ヘッドマウントディスプレイ

見渡す限り360度バーチャルリアリティの世界を体験。

ヘッドマウントディスプレイを装着することで少ないスペースで360度バーチャルリアリティ(VR)の世界が大迫力の映像となって目の前に広がります。

※ヘッドマウントディスプレイを装着できるのは13才以上からになります。

 

ヘッドマウントディスプレイ

ヘッドマウントディスプレイ

ヘッドマウントディスプレイ

 

【タブレット】

タブレット
タブレット

タッチパネルで簡単操作。体験者が直接触って学べる。

マウスまたはタッチパネルで操作することができます。 実際に体験者が触って選択して学ぶことができます。 大画面に表示し大型講習や、イベントなど、様々な用途でご活用いただけます。

 

タブレット

タブレット

タブレット

※タブレット版は制御システムパネル用PCとして使用する場合と タブレット単品で使用する場合がございます。

 

【操作パネル】

タブレットで無線LANに接続しているため、片手で持ちながら操作が可能。

【モーションセンサー】

骨格認識により体の動きを読み取り、リアルな歩行疑似体験が可能

 

【可搬型ハンドル・パネル】

ハンドル、アクセル、ブレーキ等を備えたコントローラーは、コンパクトに折りたたんで簡単に持ち運びが可能。

【センサー付自転車】

本物の自転車をシステムに接続、現実に近い操作感覚での体験が可能

 

【後方確認モニタ】

発進時や進路変更時に実際に後方を振り返り、安全確認が可能。

交通安全危険予測シミュレータ シリーズ 機器構成

「交通安全危険予測シミュレータ シリーズ」は、操作パネル1台でシステムすべてを切り替える事ができ、マルチモニタとヘッドマウントディスプレイの切り替えも簡単に行えます。

 

<共通機器>

●マルチモニタ

●本体PC

●操作タブレットPC

●収納キャビネット

<歩行者編基本セット>

●共通機器

●モーションセンサー

 

<自転車編基本セット>

●共通機器

●センサー付自転車

●後方確認用モニタ

<自動車編基本セット>

●共通機器

●可搬型ハンドル・ペダル

 

<オプション>

●ヘッドマウントディスプレイ(HMD)

●プリンタ

事業内容

PAGETOP

お問い合わせ

0463-23-7830
受付時間平日9:30~18:00

WEBからの
お問い合わせはこちら